相続について |

相続についていろいろ

検討してみよう! 生前贈与の基礎知識

2012.08.30 Thu

18:10:25

検討してみよう! 生前贈与の基礎知識



「生前贈与」を検討してみましょう。

――相続人予定の人は、早く、若い時にもらう方がおトクです。

マイホームを持ちたい息子や娘は、

最近の不況により、なかなか住宅ローンも借りにくい現状です。

そこで、マイホーム取得のために、親の資金を上手に移転して、

税金を減額する制度があります。

本人(贈与者)やその家族に、

“家の伝承”も含めた財産移転について考えてもらうことで、

家族全員が幸せになってもらうための知識や方法を伝授します。



相続時精算課税

  贈与税の課税制度には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つがあり、一定の要件に該当する場合には、相続時精算課税を選択することができます。この制度は、贈与時に贈与財産に対する贈与税を納め、その贈与者が亡くなった時にその贈与財産の贈与時の価額と相続財産の価額とを合計した金額を基に計算した相続税額から、既に納めたその贈与税相当額を控除することにより贈与税・相続税を通じた納税を行うものです。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm
より

[検討してみよう! 生前贈与の基礎知識]の続きを読む

オススメ情報

相続人の廃除

2012.07.31 Tue

10:13:40

被相続人に対して虐待・侮辱あるいは著しい非行があった場合、被相続人は家庭裁判所に申し立てる事によって、その相続権を喪失させることができる(892条)。これを相続人の廃除という。相続人の廃除は遺言による申し立てによっても可能である(893条)。廃除された推定相続人は相続権を失う。

相続欠格

2012.07.31 Tue

10:13:19

故意に被相続人や他の相続人を死亡に至らせたり、遺言書を破棄・捏造するなど第891条に規定される重大な不正行為(相続欠格事由)を行った者は、その被相続人の相続において当然に相続人としての資格を失なう。これを相続欠格という。遺言状ではなく遺産を隠匿しただけでは、相続の権利は失わない。